津軽の旅 1

  • 2019.09.24 Tuesday
  • 13:46
いつも読んでいただきありがとうございます。
 朝の7時半!ようやく夜中走り続けて弘前市に
到着した。先ずは腹ごしらえ。駅前のファミレス
でモーニングセットを食べた。あまり食欲はない
けど、子供と同じ遠足前のワクワク感で胸はいっ
ぱいだ!さあ、何があるんだろう?

 2泊3日の予定で津軽地方(青森県)を訪れた
。泊まる所は決めてあるが、あとはアバウトな予
定だけ。できれば津軽三味線を聴きたいと思って
いた。先ずは岩木山神社にお参りに行くことにし
た。岩木山の中腹に神社はある。

 神社に到着したが、とにかく暑い!拝殿まで上
りになっていて、さほどのキョリではないが、た
どり着くまでに汗が吹き出してきた。拝殿で、無
事到着出来た事や感謝の気持ちをお伝えしてから、
龍神さんやお稲荷さんにお参りすることもできた。

 龍神さんをお参りする時、道の両脇に幟(のぼ
り)が何十本と立っていた。そこには白雪大龍神
と書かれていた。雪に関係する神様なのかなあと
その時は思った。引き返す幟を見ても白雪大龍神
だった。

 帰りに御神籤(おみくじ)を引いて、今の自分
の現状はこれでいいのかを確認する為に、念を込
めて引いてみた。「天に私覆なく、地に私載なく
日月私照なし。」(ムー、難しい!どう解釈した
らいいの?)

 自分事にかかわっていたり、自分を誇示したり
してんじゃないよ。他者の為に出来る事、喜ばれ
る事、活かすことがあるんじゃないの?それがで
きるんじゃない!(間違っているかも?思い込み
な解釈ね!)と言われているのかなと今は思って
いる。

 御神籤は大吉。運勢は思い通りになる運で、
幸運なんだって!妻にも聞いたら、こちらも大吉。
二人で最高だねって笑えたから良かった(岩木山
神社の神様、ありがとうございます!)。

 白雪大龍神の幟を目にして、過去の記憶が蘇っ
てきた。その話を宿屋で妻に話したら、「白雪大
龍神では、なかったよ。あれは、白雲大龍神だっ
たよ!」と言うのだ。「俺には、あの幟全部が白
雪にしか見えなかったよ!」えーっ、と心から驚
いてしまったのだった!!

 この続きは次回に!

 

S55同窓会3

  • 2019.08.27 Tuesday
  • 21:36
 いつも読んでいただきありがとうございます。
 残された時間は60分!間に合うのか?そんな
焦りも感じながら、ワクワクドキドキしながら、
一人ひとりと言葉を交わしていった。そんな中、
ある一人の女神が目の前を通り過ぎて行った。
思わず駆け寄って声をかけた。
「Aさん、久し振り!元気だった?」

 スッと女神が振り返った。「熊谷君〜!」
小学校の頃の、あのひまわりのような笑顔が、そ
こにあった。5〜6年前に地元のスーパーで偶然
出会った時には、顔がやつれていた。親御さんの
具合が悪くて、見舞いに来たということだったが
・・。その後どうしたのかと、気になっていた。
今はふっくらとして健康な姿に戻っていたので、
安心した。お互いのごく近況を伝えて、その場を
離れた。

 暫くしてからそのA女神が、私の所に来て昔の話
しをしてくれた。「小学生の時私を助けてくれたよ
ね。熊谷君の家まで、行ったことがあったよね。覚
えてる?」

 「あったなあ〜!」ふいに、43年前の記憶が蘇る。 
私の住んでいた狭くて古い長屋にある日突然、数人
のまだうら若き、か弱き女神達がなだれ込んできたこ
とは、ぼんやりとだが覚えている。しかし、どんなこ
とがあって、どう手助けしたのかは、忘れてしまった
(残念!)。

 会場は動きに溢れていて、見渡す限り笑いと笑顔で
いっぱいだった。そんな中、嬉しい言葉を伝えに来て
くれた女神の心根が、とっても嬉しかった!

 「今まで生きてきた中で最高に幸せ!ありがとう!
!心の中では、本当に感動してたんだよ」って伝えた
かったなあ〜。
でも、おちゃらけた話をして、女神をからかって少し
怒らせてしまったんだけど・・・。ごめんね!

 忘れられない記憶がある。近所で幼馴染。誕生日が
一緒という友達がいた。ハンサムで運動神経がいい!
小さい頃からとっても優しくて、よく遊んでいた。
中学でも同じ俱楽部で一緒だった。この頃から男っぽ
さも増して、人気たるや絶頂で本当に良くモテた!

 3年生の時の誕生日の日だった。部活を終えて帰る
途中、女神達が血相を変えて向かってくるではないか!
一人、二人の話ではない。凄い数の集団で、みんな私の
前を通り過ぎて行く。あっけに取られて振り向くと、幼
馴染の友がいた。あっという間に彼は女神達に取り囲ま
れていた。彼はプレゼントの山に埋もれていた!

 「お〜い、ここにも居るぞ、同じ誕生日の人間が!」
と叫んでみたが、虚しく校舎にコダマするばかりだった

 今回その幼馴染に会うことを楽しみにしてきた。(会
ったら、床上水泳競技で勝負を挑もう!)と心の中に闘
志を秘めて燃えていた。がしかし、実現することはなか
った。彼は来なかったのだ。会いたかったなあ〜!

 こうして、二次会の終了のゴングが鳴り響いた。ほぼ
目標は達成できたと思う。満足はしている。本当に楽し
かった!ただ、今回は一人ひとりと深い話はできなかっ
た。次回会うときはもっとじっくりと話し合いたいなあ
!5年後が待ち遠しい。還暦祝いか。みんなまた会おう!
元気で!!
その時まで、髪の毛が持つかどうか?神のみぞ、知る!
 

S55同窓会2

  • 2019.08.22 Thursday
  • 21:24
 いつも読んでいただきありがとうございます。
 9年間に知り合った仲間達と言葉を交わすとい
う広大な目標達成のために、第二ラウンドが始
まった。今回の出席者が110人位はいる。そ
のうちの半分以上は知っている。うかうかしては
いられない。

 二次会会場に向かう途中トイレに立ち寄った。
スッキリさせてから、あの闘いの場に戻ろう、
とフッと力が抜けた瞬間、いきなり抱きしめられ
た!「熊ちゃ〜ん!」「なぬ〜、オー、O君か!」
「久し振りー、元気だったの?」

 15年ぶりの再会がトイレとは、なんと劇的な#
。他にも次々と再会があった。トイレとは、劇的
で熱い所だったと改めて思い知らされた(みんな、
手を洗った〜!)。

 会場に入ると、女神が待っていてくれた(なん
て、優しいだ!)。と思ったら、女性達で話が盛
り上がっていただけだった(不幸は、勘違いから
?まあ気を取り直して、女神に付いていこう!)。

 付いて行った先は、なんと女性だけの席だった。
座るべきかどうか迷っていると、他の女神が「ここ
においでよ!」と言ってくれた(待ってました!)。 
座って間もなく、妙に熱い視線を四方から感じる。
男性達の熱い眼差しは、全身に突き刺さった!

 前の円卓は、イケメンだらけの席だった、と思う。
彼らにトレードを申し込んでみた。「席を交換しな
い?」みんなの顔がパッと輝き出した。しかし、一向
に動く気配がない!何故だろう?ふと、自分を振り返
ってみた。しっかりと両手は、両隣の女神達を掴んだ
ままでいるではないか!こうして、このトレードは不
成立に終わった(内心、ホッとしている!)

 この席の女神達と挨拶を交わし、いよいよ戦闘開始
だ!まだ30人以上は言葉を交わしていない人達がいる。
タイムリミットまで60分しかない!また、あのワク
ワク、ドキドキが始まる。急ごう! 

S55同窓会

  • 2019.08.21 Wednesday
  • 20:49
 いつも読んでいただきありがとうございます。
 (あっと、まずい!もうこんな時間だ!!)
と思いながらも、なかなか腰が上がらない・・。
でも、あと30分で始まってしまう。昭和55年に
卒業した中学校の仲間達との再会が。
 
 ワクワクドキドキ期待しながらも、言いようも
ない不安が混じり合う複雑な気持ちを抱えて家を
出た。

 会場で受付を済ます間にも、懐かしい顔ぶれと
軽口を交わし合っているうちに、フッと不安がな
くなった。15歳の時のみんながそこにいた。

 クラス毎の席に着き、挨拶を交わしているうち
に会が始まった。先生方の挨拶の後、乾杯し各ク
ラスの自己紹介も済んだ。一次会終了まであと残
り時間は90分程残っていた。この時間を使い切
って、できる限りの知り合いと言葉を交わそうと
した。

 今回一次会だけの参加だったので、時間は限ら
れていた。その間に小学校から中学校までの9年
間で知り合った人達と話しをするという広大な目
標を立てたため、ジッとしている暇はない。即、
実行あるのみ。近場から積極果敢に動き回った。
はずなのだが、思った程の成果を上げられず、時
間切れを迎えてしまった。

 二次会も同じ場所の二階に設定されていたが、
もちろん申し込んではない。当日申し込みもオッ
ケーだというが、このまま帰るべきかどうか決め
られずにいた。確かに後ろ髪も引かれている(幸
運の神様は前髪しかないそうだが・・)そこで、
我がクラスの女神に委ねることにした。「貴女が
参加するなら、お供します!」

 「私は参加する事に決めています!」「オー、
付いて行きます!!」これで二次会参戦が決まっ
た。女神に付いて行くと、その円卓には女性しか
いなかったのだ(なんと幸運な!両手に花)。

 そして再び、9年間の仲間達と話をするという
第二ラウンドが始まった。

オー、アメイジング!

  • 2019.07.27 Saturday
  • 14:30

 いつも読んでいただきありがとうございます。
先日、こんな楽しい事がありました。


 日本の裏側の国で生まれ育ったAさんが、治療
を受けてくれました(日本語がとっても堪能なの
で、助かりました)。

 

 そこに、Aさんと同じ国で暮らしたことのある

Bさんが偶然にも治療に来られたので、この不思

議で素晴らしい巡り合わせに驚いてしまいました

 日本語と母国語が入り混じりながらのお互いに
懐かしい会話で、我が治療院が大いに盛り上がり
ました。こんな偶然もあるんですね。


 白河市の人口は約6万人。この6万人の中でさ
えまだ会うことができない人達が沢山いるという
のに、同じ時期に同じ国(遠い世界)で暮らして
いて、同じスポーツを観戦したりしていた人に出
会うなんて、幻想的ですよね。


 もしかしたら、どこかで会っていたかも知れな
い、なんて考えたら本当に驚き(アメイジング)
です!


 このちっちゃなくまがいはり灸院で、これから
もどんな出会いが待ち受けているのか、楽しみで
仕方がありません!!


 皆様にも素晴らしい出会いがたくさんあります
ように!!!
 

7月7日、七夕の誓い

  • 2019.07.07 Sunday
  • 23:39
 こんにちは。いつも読んでいただきありがとう
ございます。
 梅雨の季節なのですが、九州での豪雨で住民の
皆さんが被害を被っているのは、本当に心が痛み
ます。一日も早く普段の生活が出来る事を願って
おります。
 梅雨の時期は湿度が高く、寒暖の差もあり、
体調を管理するのが難しいですね。
 先日私もぎっくり腰になってしまいました。蒸
し暑かったので、水を浴び、冷たい水を飲み過ぎ
てしまいました。
 体が冷えたことや湿気も体にはよくなかったの
ですが、数日前から腰痛が出ていたのをそのまま
にしていたことも原因ですね。
 今ははり治療をして体を冷やさないように心が
けていますが、日頃からもっと自分に目を向けて
、体の声を聞くことが大切だなと感じています。
 運動不足は感じていたので、ウォーキングかな
。腰痛の予防なら腹筋、背筋、スクワットもいい
ね。先ず、やれることからやってみよう。
 体に喝、気持ちにも喝!

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM