Jazz Festival in SENDAI

  • 2015.09.28 Monday
  • 21:28
 いつも読んでいただき、ありがとうございます!
 Jazzy(ジャズふうの)で、Heartwarming(心あたたまる)な1日を仙台で過ごしてきました!定禅寺ストリートジャズフェスティバルも今年で25周年を迎えたそうです。第8回目か第9回目の時に初めて観に聴きに行ってからすでに17年が経ちました。丸1日聴いたのは、12年ぶりでした。演奏者の方達が、格好よくて・心地よくて・楽しくてすごく充実した時間でした。参加バンド(プロ、アマ)700グループ以上で46ステージと街中音楽、音楽、音楽の2日間です。ジャズに限らず様々な音楽を演奏しているので、飽きません。この日は都築誠(アマ)のギターの弾き語りと東北大学生(アマ)のゴスペルとモアリズム(プロ)というグループのブルースなどなど、たくさん観・聴きました。最後は西公園で豪華アーティスト(ジャズシンガーのnoonさんとシンガー&ソングライターのbirdさん)による演奏を聴いてから帰って来ました。しあわせです!
 実はこの日、アブー・シンガーズ(ゴスペル)、リードボーカルのマコ兄こと、都築誠がジャズフェスで演奏をするというので、駆けつけました(好奇心旺盛なものですから=笑=)!観客とは1m程の距離で歌うのですが、堂々としていて正直、格好よかったですよ!クリスロードというアーケードの中での演奏でしたが、音が渦を巻いて鳴り響きます。道行く人達が足を止めて、耳を傾け出しました。最前列には仙台のちっちゃな子供たちが、あたかもマコ兄の親衛隊のようにやって来て、数人が手拍子で場を和やかに盛り上げてくれています(驚)。まるで子供たちがたくさんの人を呼んでくれたかのような気がしてなりません。子供は天使ですね!もうひとつ驚いたことに、アニメ・ドラエモンの劇場歌(by 福山雅治)が流れ出して、さらに盛り上がろうとしている矢先に、「さあ、行くよ!」の母のひと声で子供たちがみんな去って行ってしまったことです(笑)。さすがに母のひと声の影響は、大きいですね!
 マコ兄の単独ライヴを聴いたのは初めてでした。一緒に歌っていて歌がうまくて頼りになるヤツだなあとは思っていましたが、ここまで人を引き付けられるとは、正直思っていませんでした。まだ知り合って8か月です。しかし、未知の可能性を感じましたよ(ド素人の私が言うのもなんですが・・・)!鳥肌が頭の上だけ立ちました(鶏冠=トサカ、か!)。オリジナル曲とカバー曲を歌ったのですが、やっぱりオリジナル曲が断然よかったなあ。マコ兄らしさ(ひたむきさ!)があって、味がありました。歌のうまい人なら、たくさんいるでしょう。でも、聴く人の心を揺さぶるような、持っていかれそうな表現力のある人となると、そう多くはないような気がします。これからの都築誠が楽しみです!
 この日聴いた演奏家のどの人達も実に素晴らしかったです!その中でも、ジャズシンガーのnoonさんの歌を聴いてる時には、とってもこころが癒されました。心地よくって、ふっと眠ってしまう程でした(眠かったのか?−違いますからね=笑=!)すっごく爽快な気分でした。アルバム「Full Moon」を思わず買ってしまいました!
 11月のゴスペルフェスティバル in 仙台ではアブー・シンガーズも参加します。今からわくわくドキドキです!