津軽旅行2

  • 2019.10.02 Wednesday
  • 14:23
いつも読んでいただきありがとうございます。
 津軽旅行について書こうとしていたのに、違う
話に逸れてしまったので、旅の話に戻しますね。
岩木山での幟の見間違いに関する記憶についての
話は、後日改めて掲載しますから、乞うご期待
(誰も期待してないね、ハハハ(;^ω^))!

 岩木山神社をお参りしてから、本日の宿泊地で
ある津軽地球村に向かった。

 ここは、キャンプができたり、コテージがあっ
たり、遊べる施設があって、野外でバーベキュー
をしてる人達が沢山いた。自然が美しい所だ!

 近くには津軽富士見湖という溜池があり、そこ
に鶴の舞橋という日本一長い木造三連太鼓橋(全
長300M)が、かかっているので見学してきた。
岩木山を背景にした姿は絶景だった(勿論、写真
に収めてきた。お見せできないのが、残念)!

 二日目は昼近くにここを出て、日本海の方へ向
かった。鰺ヶ沢では大相撲歴史館に立ち寄ってみ
たり(今は相撲解説者の舞の海の出身地だ)、テ
レビにも出たことのある秋田犬の“わさお”に会
ったりした(ほんとだあ、ブサカワだわ=笑顔=)

 鰺ヶ沢の千畳敷海岸の海の家で、お決まりの海
鮮丼を食べた。テラスに出て海を見ながら、磯の
香り満載の潮風に吹かれての昼飯は最高だった!

 さあ、これから深浦まで行って「黄金崎不老ふ
死温泉」の露天風呂に入ってこよう!沈みゆく夕
陽が見れる海際にある露天風呂で超有名だ!!

 海沿いの道をドライブするのは、最高だった
(超気持ちいい〜( ´艸`)!)すぐ横を五能線
の列車が通り過ぎていく(列車の旅も素晴らしい
だろうなあ〜!!=友人達と一緒に楽しい会話を
しながら、いつかやってみたいなあ=)。

 着いたゾ〜!本当に海に露天風呂があるんだね
え!!早速、露天に向かった。茶色に濁ってて、
見た目はきったなかった(=笑=鉄泉なんだね)が、
あつさはちょうど良かった。温泉もよかったんだ
けど、目の前の海に心が奪われてしまった(居て
も立っても居られない〜)!

 おもむろに露天から立ち上がって、海に一歩踏
み出していた。(ぬるまっこい!)温泉の熱で温
かいのかと思ったら、海水自体が温かいのだ。今
日も気温は32、3度はある!「ラッキー、海に
入れる〜!」沖からの波が押し寄せてくるが、お
構いなしに進んでいった(勿論、前後はタオルで
隠してあるので安心。ハハハ〜)。

 足元は岩場なので、痛い。ちょうど沈み易い場
を見つけて、首まで浸かっていた!波が満ち潮に
なってきて、強くなってくるけど楽しい〜(子供
か?)!!海に入るのは、10年以上ぶりくらいか
な。海大好き〜(癒されるゥ〜)#

 「熊谷〜、そろそろ上がるべ〜!時間だ!!」
(な、な、なんと酷なあ〜)
「PM4時までだ。もう4時半だぞ〜」
(えーっ!)渋々上がることにした。
「海よ〜、ありがとう!楽しかったよ〜!!」

 今単身赴任で青森市に住んでいる同郷の友人と
楽しいひと時を過ごすことができた(ここまで来
れたのも友人のお陰様!)。妻はあまり時間がな
かったので、入らなかったということだったが 
(なんと勿体無い!)。
 
 弘前まで戻る途中で、沈みゆく夕陽を見ること
ができた(素晴らしかった!)。その横をまたま
た列車が紅色に染まりながら通り過ぎて行った。