施設でのお祭り

  • 2017.11.01 Wednesday
  • 00:02

 いつも読んでいただき、ありがとうございます。 

 先日特別養護老人ホームのお祭りに行ってきました。入所している方々とその家族の方々が沢山いらっしゃって、施設内ではイベントがあり、外では模擬店が出ていて、賑やかでした。
 イベントではフラダンスの人達や日本舞踊の人達、太極拳の人達や大正琴の人達が踊りや音楽で皆さんを楽しませてくれていました。
 友人の替わりとしてお母さんを訪問したのですが、お母さんが食い入るように出し物の人達を見ているのです。いつも眠そうなことが多いのですが。
 「楽しい?」って尋ねると、わずかにうなずいたように見えました。話せない状態で、うまくコミュニケーションが取れないので、驚きました。
 以前お母さんの写真を友人から見せてもらったことがあって、その中に踊りのサークルの写真があったのを思い出しました。はっぴやドレスを着て、仲間の人達と踊っていた表情がとっても良かったのを覚えているのですが、もしかしたら過去の自分の姿を思い出していたのかもしれません。あるいはお友達を探していたのかも。
 この日お会いした入所している人達はみなさん、お母さんに限らずいい表情をしていたのが、印象的でした。イベントも良かったのですが、その司会をしていた施設の職員さんの盛り上げぶりや他の職員さん達の連携対応、気配りもさすがで感心しました。
 とっても和やかな貴重なひと時を過ごし、家族の絆っていうものを感じた時間だったかなあ。切っても切れない何かがあるんだなあっていうことに気づけた気がします。時間は有限ですが、何とか作って会いにいってみてください。
 きっと喜びますよ。
 

検査

  • 2017.09.22 Friday
  • 23:13

 いつも読んでいただき、ありがとうございます!
 7月に健康診断を受けました。その結果が8月に返って来て、大腸がん検診の精密検

査を受けましょう、と書いてあります。「えー、何で?」。
 検診には、自信がありました。この日の為にではありませんが、毎日主食は玄米ご飯

を食べ、副食のおかずは出されたものを何でも少しずつ食べていました。おまけにヨー

グルトもほぼ毎日頂いていましたし、なのに、その結果がこれでしたから力が抜けてし

まいました。
 再検査は予約をしてからひと月後です。随分待たされるのには驚きましたが、それ程

緊急ではないということなんだろう、と気持ちを切り換えてその日を待つことにしまし

た。でも、さすがにひと月は長いように感じました。
 検査は内視鏡で、順調に進行して終わりましたが、その後お腹が張って困りました。

結果は、お陰様で異常なしということでした。
 今回健康という事を考える機会がありましたが、どんな事があっても、どんな時でも

、笑っていられるっていう事が、健康なのかなあっていう気がしました。それって難し

いことかもしれません(笑えない時も多々あるのも事実ですから)が、そうありたいも

のですね。
 早めに健康診断や検査は受けてみてくださいね。
 みな様が健康であることを願っています!

 

花より団子かな

  • 2017.05.06 Saturday
  • 20:32

 いつも読んでいただき、ありがとうございます!

 

 桜は散りつつありますが残っていて、今それは目の前で綺麗に咲いています。

家の庭には飛び散ってきたその桜の花びらが、桜吹雪となって舞い降りています。

美しいですよ。これからは濃いピンク色の八重桜が咲き始め、もうすぐ満開になってくる

でしょう。まだ桜が楽しめそうです。

 
 今年もお陰様で、小学校の時の先生ご家族をお誘いして花見をしました。

先生のお母さん、叔母さんですから、もうすでに90歳半ばを過ぎています。

体的には痛いところあり、首コリ肩コリあり、思うように足が進まないなどと

ままならない点も多々ありますが、お口の方はすこぶるなめらかで笑いが絶えません。

もうじき白寿を迎える人生の先輩方の溢れるエネルギーに圧倒されつつ、先ずは花より団子

ということでランチをご一緒しました。

 

 南湖公園のすぐ近くにあるイッテミッカというイタリアンのお店に入りました。

事前にイッテミッカというイタリア料理のお店はいかがですかと先生に尋ねたところ、

即答で「いいね、イッテミッペ!イッテミッペ!」と切り換えされてしまいました(笑)。

この親ありて、この子ありといいますが、さすがにマイッタ―!

 

 お店の中ではお母さん方が積極的に話してくれました。「歳を取ると一日が早くて

いいことなんて少ないのよ。最近は寝たきりになりたくないって、そんなことばっかり考えてん

だから。でもこんなハイカラなお店に来れるなんて、刺激になっていいね。

また来たくなっちゃうわ。私達ね、行きたい所があるんだよね。アユの塩焼きが食

べたいんだ。那須に鮎の梁があるでしょう。今度そこに連れて行ってくれない?」

 

「構いませんよ。鮎なら夏ですね。夏になったら、行きましょうね。それだけじゃなくて、

秋には紅葉を観に、冬にはクリスマス会、まだまだいろんなことを楽しくしましょうよ」

 

「いいのー?ありがとう!なんだか先行きが明るくなってきたわ。歳を取るのも悪くないねぇ!

白寿まで長生きできそうだわ!!」

 

「いえいえ。長寿日本一を目指しましょう!」

 

「いやいや、そこまではいいわ(笑)」

 

 そんな会話をしながらも、注文したドリアのセットをすべてたいらげてしまいました

(あっぱれ、胃袋)。何でも美味しく食べられるということは、丈夫なあかしですね。

私もこのドリアを一口頂きましたが、とっても美味しかったです。


 この後、南湖の満開の桜を観て楽しみました。この日はランチばかりか、お土産の南湖団子まで

およばれになってしまいました(ちゃっかり者ですよね)。ありがとうございました。


 楽しみがあると、人は元気になれるものですね!みなさんから私も元気を頂きました

(感謝しています)!!


 追伸、この文章を書き始めてから終えるまでには、時差があります。今は八重桜は満開になり、

枯れ木のようにみえていた樹木には若葉が生い茂り、新緑がまぶしいくらいに萌えていますよ。

田んぼには水が張られ稲が植えられて、カエルが鳴き出しました。

大相撲

  • 2017.03.27 Monday
  • 22:03

 いつも読んでいただき、ありがとうございます!

 

 大相撲をテレビで見ました。稀勢の里は12勝全勝まできて左肩を傷め2連敗を喫し、最終日

1敗の照ノ富士との取組。怪我の状態は詳しくは分かりませんが、骨折、脱臼、打撲、筋断裂など

いずれにしろ傷めたところは、腫れて熱を持ち動かないし(力が入らないし出ない)、

とっても痛いのですよ!
 

 (試合をすることなど無理だよ)と思いながら見ていたのですが、劣勢の稀勢の里がサッと立ち合い

変化して、うまく右に回り込みながら突き落としで勝ってしまったのです。この時点で勝ち星が並び、

優勝決定戦にもつれ込んだのでした(え、えー、ウソー!有り得ない!!)。

 

 決定戦は、照ノ富士がもろ差しで土俵際まで押し込み勝負あったかと思われたその時、

稀勢の里が右腕で照の富士の左腕を抱え込んで小手投げを放ち、土俵から転げ落ちたのでした。

ほんのわずかの差でしたが、先に照の富士に土が付いてしまったのです。思わずオオーとおっきな声が

出てしまい、そして泣けました。

 

 勝負は最後の最後まで分からないものですね!両者とも勝ちたい、優勝したいという思いはあったで

しょうが、最終的には開き直れた人、無心になれた人に奇跡は起きるものかもしれません。

なんかそんな気がしてきました。

 

 あとから知ったのですが、実は照の富士も左膝を傷めていたそうです。稀勢の里にばかり目が

いっていた自分が恥ずかしい(もし可能なら、お二人を治療して応援したいものです)。

今は二人に感動しています!

 

 今朝目が覚めたら、外は雪景色でした。春の花(福寿草、梅、クリスマスローズ、クロッカスなど)は、

もうすでに咲いています。あと2週間もすれば、桜も咲くことでしょう。

待ち遠しい気持ちは大いにあるのですが、世界を白一色に染め上げてくれる雪もすてきだなあと

惚れ惚れしてしまいました!今しばらく雪を愛でていたいものです。
 

3.11ふくしま追悼復興祈念

  • 2017.03.14 Tuesday
  • 22:31

 いつも読んでいただき、ありがとうございます!

 

 東日本大震災から6年が過ぎました。お亡くなりになられた人達のご冥福をお祈り致します。

そのご家族の人達が少しでも元気になられることを心から願っております。

 

 3月11日には、白河市では5回目の震災復興音楽祭とふくしま追悼復興記念行事、

キャンドルナイト「希望のあかり」が行われ、会場の外でキャンドルホルダーに思い思いの

メッセージを書き込んだキャンドルを点灯し犠牲となった方々を追悼しました。

 

 毎年メッセージを書いてきていたのですが、今年は行くことができませんでした(ごめんなさい!)。

患者さんと14時46分のサイレンを聞きながら、ここで黙祷をさせていただきました。

 

 会場には19時前に行くことができ、シャンソン歌手の田嶋陽子さんの歌とトークが聴けました。

65歳から歌と書を始め、現在75歳で歌手活動をされているそうです。

 

 歌もトークも書もどれも個性的で田嶋さんらしさが活かされていました。「やりたいと思うことを

やってみる。歳なんて関係ないし、失敗したっていいじゃない!」という言葉と行動にとっても

魅了されました。会場にいるみなさんが勇気づけられ、会場が輝いているように感じました。

 

 田嶋陽子さんってすてきな人ですね。彼女のイメージがすっかり変わってしまったくらいです。

感動しました!

 

 最後にみんなで一緒に「千の風になって。白河市民歌、このまちがすき。花は咲く。」を歌って、

みんなの心がひとつになりました!

 

 余談ですが、遅れて会場に入ったので、空いている席に急いで座ったのですが、

すぐ近くに小学校の担任の先生がいたので、ビックリしてしまいました。

先生にはよくおこられたのですが、また心を込めてほめてもいただき、そのお陰で今があると

思っているのですよ!感謝しています。

 

 心に素晴らしい余韻を残して、会場を後にしました。