岩木山での思い出

  • 2019.10.20 Sunday
  • 12:54
いつも読んでいただきありがとうございます。
 台風で亡くなられた方々に心からお祈り申し上
げます。また被災された皆様の一日も早い回復を
願っております!

 岩木山神社の龍神様の幟(のぼり)を見て、白
雲大龍神を白雪大龍神と勘違いしていたことを指
摘されて、ぼーぜんと固まっている自分がいた。

 仙台市に住んでいた30歳後半に弘前市を訪れ
た事がある。弘前は第二の故郷で自由な青年時代
を5年間過ごした場所である。11月の初め頃で
弘前大学の学園祭を見学してから次の日に、何を
思ったのか岩木山に登ってみようと突然思いつい
た。登山という経験は一度もなく、全くの素人な
のに。

 経験も知識もないから、何の準備もしていない
。全くの無防備だ。その日は晴天で外に羽織る服
もフリースくらいで充分だった。靴もハイネック
のカジュアルなもので、遊び気分満載だった。

 その頃はあまり信仰心も深くなかったから、岩
木山の神様に挨拶もせずに、登頂の記録用紙を箱
に投函して登山道を登り始めた。傾斜もさほどき
つくなく、木洩れ日が心地良くてスイスイと登っ
て行けた。

 中頃まで来ると道がぬかるんできた。落ち葉が
その上に敷き詰められていて、結構滑ってきた。
そのうち踏み固められた雪道に変わってきて歩き
にくくなってきたが、下界は晴れ渡っていた。

 8〜9合目くらい来たろうか?寒くなってきた
なあと思っていたら、曇りだしてきて雪がチラチ
ラと舞い出した。丁度山小屋があったので、入っ
てみた。温度計があったので見たら、マイナス2
度だった。どうりで寒い訳だ!

 山頂は見えていて、もうすぐな感じがする。ど
うしよう?山頂まで行くか、ここから降りるか!
(ここまで来たら、山頂までいこう!)何故かそ
んな気持ちになった。

 また登り始めたが、足場が悪くて思うように進
まない。雪も相変わらず落ちてきている。喉も渇
いてきたが、水は持ってきていなかった。周りに
は雪ならある。それを口にして噛み締めた。元気
が湧いてきた〜!

 やっとの思いで山頂に着いた。ホッと一息つい
ていると、しだいに暗くなりだしてきて、下界が
見えなくなってきた。

 すると、急に恐怖がこみ上げてきた!山頂で
神様に「助けてください。無事下山できますよ
うに!」とお願いして、急いで下山し始めた。

 間もなくして雪が激しく降りだしてきた。さら
に足場も悪くなってきて、もう無我夢中で降りる
だけだった!

 どのくらいまで下ったのだろう?雪の降りが弱
くなってきて、光が差し込んできた!徐々にまだ
らな景色が見えだしてきて、助かったのかも・・

 どのくらい歩いたんだろう?時間がたったんだ
ろう?どうにかこうにか下山できた。助かった!

 なんと、麓は晴れ渡っていて、まるで夢の中を
さまよっていたかのような錯覚がした!

 今、生かされていることに感謝!!

津軽の旅 3

  • 2019.10.07 Monday
  • 22:41
いつも読んでいただきありがとうございます。
 弘前城近くの弘前グランドホテルにようやく到
着した(ここまで2時間30分かあ、遠いなあ)。
チェックインを済ませてから夕飯を食べに出た。
津軽三味線を聴ける居酒屋があるので、そこに行
ったら休みだった(あらまあ〜、残念!)。

 違うお店を探していた時、ホテルの玄関を出て
すぐクーポン券を拾ったことに気づいた。ちょう
どあの居酒屋の斜め向かいのビルの2階だった。
そこのお店に入ってみることにした。リーズナブ
ルな価格で一品一品が美味しい!特に気に入った
のが、エンガワキムチだ(脂がのっていて歯応え
が良くて、さほど辛くなくてお酒にとっても合う)
。これは絶品(皆様にお勧めしたい)!

 ゴスペルの仲間や中学校の同級生達にこの日の
思い出の写メを送ったりしてあっという間に2時
間半が過ぎてしまい、お店を出ることにした。ホ
テルに戻る途中でカラオケボックスに寄って歌い
締めでこの日は終了。

 翌日は弘前市内を観光した。先ずは弘前城内を
見て回った。城内の一角に古い図書館が学生時代
にはあって、何もすることがない時はよく来てい
た。今はもうなくなってしまったのが、残念!古
くて本の匂いがする図書館だったなあ!飽きると
城内をよく散歩したりしていた。

 武徳殿という小さな武道館があって、ここで空
手の練習をしていた。冬はすきま風が入ってきて
凄く寒かったなあ!今はお土産店と喫茶室になっ
ている。ここでお土産を買ってお茶をしてきた。

 弘前城と言えば、桜で有名な所で、日本一じゃ
ないのかなあ(かつて住んでいたので、判官びい
きね。大目にみてねぇ)!期間中は様々なイベン
トで盛り上がる。津軽三味線も聴けるよ!

 学生時代は北溟寮という学生寮に住んでいて、
弘前城での観桜会が毎年恒例の一大イベントだっ
た。 一年生にとっては地獄のお花見だ。

 日本酒はしこたまあるが、酒の肴(つまみ)は
無い!そこで、周りで宴会を楽しんでいる老若男
女から肴を頂く役目が、一年生なのだ。頂くから
には恩がある。恩返しに芸を披露するのだが、こ
れがなかなかの試練だ( ^ω^)!

 細胞分裂なる必殺技を披露して場を盛り上げて
しまう者もいれば、出身と叫んで一気飲みを繰り
返しつぶされてしまう者もいて、うたげは大人へ
の通過儀礼のようなものだった。次々に酔い潰れ
ていき、リヤカーに積まれ、あるいは担がれて、
回収されていった。

 そんな思い出のある場を後に、岩木山神社に向
かった。もう一度龍神様の幟(のぼり)を確認し
たくなったのだ。

 行ってみるとあれだけ白雪に見えていた幟が、
全て白雲大龍神になっていた!思い込みだったの
かなあ?今、目が覚めたような感じがする。「え
ー」って笑わずにはいられない(まいったなあ!)

 三日間のお礼を告げて帰ることにした。帰る途中
、アップルロードを通り抜けてきた。りんご、リン
ゴ、林檎だった(当たり前か)。

 最後に北溟寮とその後住んだアパートに立ち寄り
たかったのだが、辿り着けなかったのだ。30年の
月日を感じてしまった。

 夕方の4時に弘前を立って、11時に自宅に到着
した。疲れたが、楽しかった!また行きたいと思う
。今度はゴスペルの仲間達を連れてきたいなあ!!

 旅の話というよりも、過去の思い出話になってし
まった感があって、ごめんなさいね! 
 
 白雪大龍神の幟の話も17、8年前の話になるの
ですが、よかったら見てみて下さい。また後日改め
て掲載しますから。

津軽旅行2

  • 2019.10.02 Wednesday
  • 14:23
いつも読んでいただきありがとうございます。
 津軽旅行について書こうとしていたのに、違う
話に逸れてしまったので、旅の話に戻しますね。
岩木山での幟の見間違いに関する記憶についての
話は、後日改めて掲載しますから、乞うご期待
(誰も期待してないね、ハハハ(;^ω^))!

 岩木山神社をお参りしてから、本日の宿泊地で
ある津軽地球村に向かった。

 ここは、キャンプができたり、コテージがあっ
たり、遊べる施設があって、野外でバーベキュー
をしてる人達が沢山いた。自然が美しい所だ!

 近くには津軽富士見湖という溜池があり、そこ
に鶴の舞橋という日本一長い木造三連太鼓橋(全
長300M)が、かかっているので見学してきた。
岩木山を背景にした姿は絶景だった(勿論、写真
に収めてきた。お見せできないのが、残念)!

 二日目は昼近くにここを出て、日本海の方へ向
かった。鰺ヶ沢では大相撲歴史館に立ち寄ってみ
たり(今は相撲解説者の舞の海の出身地だ)、テ
レビにも出たことのある秋田犬の“わさお”に会
ったりした(ほんとだあ、ブサカワだわ=笑顔=)

 鰺ヶ沢の千畳敷海岸の海の家で、お決まりの海
鮮丼を食べた。テラスに出て海を見ながら、磯の
香り満載の潮風に吹かれての昼飯は最高だった!

 さあ、これから深浦まで行って「黄金崎不老ふ
死温泉」の露天風呂に入ってこよう!沈みゆく夕
陽が見れる海際にある露天風呂で超有名だ!!

 海沿いの道をドライブするのは、最高だった
(超気持ちいい〜( ´艸`)!)すぐ横を五能線
の列車が通り過ぎていく(列車の旅も素晴らしい
だろうなあ〜!!=友人達と一緒に楽しい会話を
しながら、いつかやってみたいなあ=)。

 着いたゾ〜!本当に海に露天風呂があるんだね
え!!早速、露天に向かった。茶色に濁ってて、
見た目はきったなかった(=笑=鉄泉なんだね)が、
あつさはちょうど良かった。温泉もよかったんだ
けど、目の前の海に心が奪われてしまった(居て
も立っても居られない〜)!

 おもむろに露天から立ち上がって、海に一歩踏
み出していた。(ぬるまっこい!)温泉の熱で温
かいのかと思ったら、海水自体が温かいのだ。今
日も気温は32、3度はある!「ラッキー、海に
入れる〜!」沖からの波が押し寄せてくるが、お
構いなしに進んでいった(勿論、前後はタオルで
隠してあるので安心。ハハハ〜)。

 足元は岩場なので、痛い。ちょうど沈み易い場
を見つけて、首まで浸かっていた!波が満ち潮に
なってきて、強くなってくるけど楽しい〜(子供
か?)!!海に入るのは、10年以上ぶりくらいか
な。海大好き〜(癒されるゥ〜)#

 「熊谷〜、そろそろ上がるべ〜!時間だ!!」
(な、な、なんと酷なあ〜)
「PM4時までだ。もう4時半だぞ〜」
(えーっ!)渋々上がることにした。
「海よ〜、ありがとう!楽しかったよ〜!!」

 今単身赴任で青森市に住んでいる同郷の友人と
楽しいひと時を過ごすことができた(ここまで来
れたのも友人のお陰様!)。妻はあまり時間がな
かったので、入らなかったということだったが 
(なんと勿体無い!)。
 
 弘前まで戻る途中で、沈みゆく夕陽を見ること
ができた(素晴らしかった!)。その横をまたま
た列車が紅色に染まりながら通り過ぎて行った。
 

津軽の旅 1

  • 2019.09.24 Tuesday
  • 13:46
いつも読んでいただきありがとうございます。
 朝の7時半!ようやく夜中走り続けて弘前市に
到着した。先ずは腹ごしらえ。駅前のファミレス
でモーニングセットを食べた。あまり食欲はない
けど、子供と同じ遠足前のワクワク感で胸はいっ
ぱいだ!さあ、何があるんだろう?

 2泊3日の予定で津軽地方(青森県)を訪れた
。泊まる所は決めてあるが、あとはアバウトな予
定だけ。できれば津軽三味線を聴きたいと思って
いた。先ずは岩木山神社にお参りに行くことにし
た。岩木山の中腹に神社はある。

 神社に到着したが、とにかく暑い!拝殿まで上
りになっていて、さほどのキョリではないが、た
どり着くまでに汗が吹き出してきた。拝殿で、無
事到着出来た事や感謝の気持ちをお伝えしてから、
龍神さんやお稲荷さんにお参りすることもできた。

 龍神さんをお参りする時、道の両脇に幟(のぼ
り)が何十本と立っていた。そこには白雪大龍神
と書かれていた。雪に関係する神様なのかなあと
その時は思った。引き返す幟を見ても白雪大龍神
だった。

 帰りに御神籤(おみくじ)を引いて、今の自分
の現状はこれでいいのかを確認する為に、念を込
めて引いてみた。「天に私覆なく、地に私載なく
日月私照なし。」(ムー、難しい!どう解釈した
らいいの?)

 自分事にかかわっていたり、自分を誇示したり
してんじゃないよ。他者の為に出来る事、喜ばれ
る事、活かすことがあるんじゃないの?それがで
きるんじゃない!(間違っているかも?思い込み
な解釈ね!)と言われているのかなと今は思って
いる。

 御神籤は大吉。運勢は思い通りになる運で、
幸運なんだって!妻にも聞いたら、こちらも大吉。
二人で最高だねって笑えたから良かった(岩木山
神社の神様、ありがとうございます!)。

 白雪大龍神の幟を目にして、過去の記憶が蘇っ
てきた。その話を宿屋で妻に話したら、「白雪大
龍神では、なかったよ。あれは、白雲大龍神だっ
たよ!」と言うのだ。「俺には、あの幟全部が白
雪にしか見えなかったよ!」えーっ、と心から驚
いてしまったのだった!!

 この続きは次回に!

 

S55同窓会3

  • 2019.08.27 Tuesday
  • 21:36
 いつも読んでいただきありがとうございます。
 残された時間は60分!間に合うのか?そんな
焦りも感じながら、ワクワクドキドキしながら、
一人ひとりと言葉を交わしていった。そんな中、
ある一人の女神が目の前を通り過ぎて行った。
思わず駆け寄って声をかけた。
「Aさん、久し振り!元気だった?」

 スッと女神が振り返った。「熊谷君〜!」
小学校の頃の、あのひまわりのような笑顔が、そ
こにあった。5〜6年前に地元のスーパーで偶然
出会った時には、顔がやつれていた。親御さんの
具合が悪くて、見舞いに来たということだったが
・・。その後どうしたのかと、気になっていた。
今はふっくらとして健康な姿に戻っていたので、
安心した。お互いのごく近況を伝えて、その場を
離れた。

 暫くしてからそのA女神が、私の所に来て昔の話
しをしてくれた。「小学生の時私を助けてくれたよ
ね。熊谷君の家まで、行ったことがあったよね。覚
えてる?」

 「あったなあ〜!」ふいに、43年前の記憶が蘇る。 
私の住んでいた狭くて古い長屋にある日突然、数人
のまだうら若き、か弱き女神達がなだれ込んできたこ
とは、ぼんやりとだが覚えている。しかし、どんなこ
とがあって、どう手助けしたのかは、忘れてしまった
(残念!)。

 会場は動きに溢れていて、見渡す限り笑いと笑顔で
いっぱいだった。そんな中、嬉しい言葉を伝えに来て
くれた女神の心根が、とっても嬉しかった!

 「今まで生きてきた中で最高に幸せ!ありがとう!
!心の中では、本当に感動してたんだよ」って伝えた
かったなあ〜。
でも、おちゃらけた話をして、女神をからかって少し
怒らせてしまったんだけど・・・。ごめんね!

 忘れられない記憶がある。近所で幼馴染。誕生日が
一緒という友達がいた。ハンサムで運動神経がいい!
小さい頃からとっても優しくて、よく遊んでいた。
中学でも同じ俱楽部で一緒だった。この頃から男っぽ
さも増して、人気たるや絶頂で本当に良くモテた!

 3年生の時の誕生日の日だった。部活を終えて帰る
途中、女神達が血相を変えて向かってくるではないか!
一人、二人の話ではない。凄い数の集団で、みんな私の
前を通り過ぎて行く。あっけに取られて振り向くと、幼
馴染の友がいた。あっという間に彼は女神達に取り囲ま
れていた。彼はプレゼントの山に埋もれていた!

 「お〜い、ここにも居るぞ、同じ誕生日の人間が!」
と叫んでみたが、虚しく校舎にコダマするばかりだった

 今回その幼馴染に会うことを楽しみにしてきた。(会
ったら、床上水泳競技で勝負を挑もう!)と心の中に闘
志を秘めて燃えていた。がしかし、実現することはなか
った。彼は来なかったのだ。会いたかったなあ〜!

 こうして、二次会の終了のゴングが鳴り響いた。ほぼ
目標は達成できたと思う。満足はしている。本当に楽し
かった!ただ、今回は一人ひとりと深い話はできなかっ
た。次回会うときはもっとじっくりと話し合いたいなあ
!5年後が待ち遠しい。還暦祝いか。みんなまた会おう!
元気で!!
その時まで、髪の毛が持つかどうか?神のみぞ、知る!